趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

AED救急講習会は大笑い

赤十字血液センターの『AED救急講習』に行って来ました。
午前10時に会場に集まったのは、老若男女約20人。
過去にAED講習を受けた経験のある人は一人だけだ。
昔、学校や職場で見掛けた『上半身モデル』が置かれている。
確か前は裸だった気がするが、これはTシャツ姿。
隣は格好良いジッパー付で、随分進化している。

講義が始まるが、トレーナーさんの大声には負ける。
   「周囲の安全確認・前後・左右・上下・・・よし!」
   「負傷者の確認・・・全身状態・大出血・・・なし!」
   「怪我人の横に座り・・・意識の確認!・・・呼吸なし!」
   「助けを呼ぶ・・・救急車を呼んで下さい!」
   「助けを呼ぶ・・・あなたはAEDをお願いします!」
その後、心肺蘇生法(人口呼吸)を開始する。

以前と違ってマウスピースが支給されるのは感染症防止だ。
AEDが届いたら、早速機械を開き、シャツを脱がせる。
パットを2ケ所に貼ると、心電図が自動測定される。
『微細動』の場合は、機械の指示通りボタンを押す。
蘇生しなければ人工呼吸を繰り返し、救急車の到着を待つ。

以上が大まかな流れだが、全員が練習と本番を実行する。
当然、初めてのメンバーばかりで混乱も起こる。
   「人工呼吸は鼻を押さえないと入らないよ!」
   「顎を上げないと空気が通らないからね!」
   「胸を押し過ぎると肋骨が折れるから気をつけて!」
   「スイッチは入っている?」
   「パットが反対!」
・・・と、大笑いの続く講習ではあった。

若い頃、前の通りで郵便バイクが対向車に撥ねられた。
雨の中、歩道から飛び出した人を避けようとスリップ転倒・・。
撥ねられたドライバーが舗道に寝かされた所に通り掛かった。
郵便屋さんの意識は無く、次の日の新聞で亡くなった事を知る。
あの時、心肺蘇生法をやって居たら・・・助かったのかも。
今日の救急講習を受けて、助かる人が増える事を知った。
最後に看護士さんからはこんな言葉が・・・。
   「たまたま立ち会った人が一人でも知ってれば十分。」
   「せっかくのAEDを有効に活用して下さい。」

写真左:マウスピース(個人持ち)・・・鞄に入れておこう。
写真右:人工呼吸人形(すくう君)+AED

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。