趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

2/24 「ワイルド・レンジ 最後の銃撃」ケビン・コスナー監督・主演作品

イーストウッドが主演・監督した「許されざる者」の影響で、西部劇映画がたくさん作られた、その流れか。

イーストウッドの映画を見て、同じようなのを作りたくなってしまったんだね、コスナー君!って感じ。
ロバート・デュバル共演で、なかなか面白かった。
長いけど、充分楽しめるし、満足でした。

ちょっと台詞もイーストウッドの映画に呼応したところがあり、
こういうのも楽しいなと思いました。
イーストウッドでは「女も子供も殺してきた」と主人公が言えば、こちらの映画では「たくさん人を殺してきた」と同じく主人公が言うのだった。映画ファンとしては、ニンマリですな。

当時ブームだった西部劇は、「ヤング・ガン」「クイック&デッド」他、ほとんど駄作だったから、このケビン・コスナーの映画は唯一、見られる。
久しぶりに映画で楽しいひと時を過ごせた感じ。

ロバート・デュバル、アネット・ベニング、それから「ER」の病院の受付役のジェリーが大男役で出ていた。

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。