趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

万葉の道

民などは どこ吹く風の 万葉集
 ノブレスオブリージュ 無きぞ悲しき

★『万葉の道 奈良編』(扇野聖史/福武書店)を読みました。
※万葉のそれぞれの歌が、どこで詠われたのかを詳細な地図と共に紹介しています。至れり尽せり。徒歩で、跡を訪ねながら歩きたい人にとって、垂涎ものです。皇族の歌が多いのですが、卑近な事、恋人や身内を恋うる歌に終始している感じがします。少しは、天下国家・民を思う歌があってもよさそうなものを。

《よき人の よしとよく見て よしと言ひし
  吉野よく見よ よき人よく見  天武天皇
むかしのよいひとが、よいところだといってよく見てよいといった吉野をよく見なさい、いまよいひとがよく見ているから――と語呂あわせを楽しみながら、それ以上の暗示を与えている歌である》

《見れど飽かぬ 吉野の川の 常滑の
  絶ゆる事なく またかへり見む  持統天皇

《百済野の 萩の古枝に 春待つと
  居りしうぐひす 鳴きにけるかも  山部赤人

《さ額田の 野辺の秋萩 時なれば
  今盛りなり 折りてかざさむ  ?
額田の野辺に咲く秋萩は、今が盛りの時期なので、折って髪に挿し頭(ママ)そう――》

《難波津(なにはと)を 漕ぎ出て見れば 神さぶる
  生駒高嶺に 雲そたなびく  大田部三成》

〜〜〜〜〜〜本日のジョグデータ〜〜〜〜〜〜
30分25秒/八国山麓5km/BMI:24.3/bpm:136/
靴:ボンビート(★★★★)
※ジョギングへの途中にある紅色のジンチョウゲが、もうすぐほころびそうです。白いのは、まだ硬い萌黄色の蕾です。

※パンゲア/マイルス・デイビス(トランペット)他、を聞きつつ

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。