趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(173話)…さぁ、古代の海の旅。電灯もない船、地図もない旅。

(173)  大伴の 御津に船乗り 漕ぎ出ては
          いづれの島に  いほりせむ我
              巻15・3593 遣新羅使の歌

解説・ 大阪港に乗船し、いよいよ船出をしたら瀬戸内海のどのような島々に、碇泊し仮宿を取らねばならぬのだろうか、一体、この私は…。という不安な気持ちが詠われました。
・大伴の御津→難波(大阪)の港→豪族・大伴家がこの一帯の土地を広く所有していた。
・廬(イホ)りす→旅寝をする。

今なら、風光明媚な瀬戸内の海は胸ををワクワクさせて豪華汽船で旅をするのですが、当時は、電灯もない貧弱な船、しかも正確な地図もなく、吹く風をあてにして、大勢の人たちが櫓でエッチラオッチラと漕いだのです。海の旅の恐怖は想像もできぬほど大きかったと思えます。
 
   
(173’) ぬばたまの 夜は明けぬらし 玉の浦に
       あさりする鶴(タヅ) 鳴きわたるなり
          巻15・3598 遣新羅使の歌

解説・ 暗闇の不安な夜も明けたようだ。玉の浦に餌を漁って、鶴がケンケンと鳴きながら、群れをなして空を渡っていくのが見えるぞ。…といった意味の歌です。
・玉の浦→岡山、倉敷の玉島辺りか。→私も何度か訪れていますが、穏やかな海に様々な島嶼が視界いっぱいに開けて、それは美しい景観です。           

潮の流れを待ち、風の向きを待ち、波の静まりを待つて船を出すという古代の海旅です。
『万葉集』に親しんで頂くために、平易な歌(長歌を省く)をピックアップして日記を綴っています。『万葉集』に詳しい方は物足りない側面もあるかと思いますが、ご了承ください。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。