趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

拝啓 菅直人首相殿

実は、私もこの行き詰った政局を打開するには衆議院の解散という首相の権限を行使することに賛成するのですが。おそらく展望と戦略のない貴殿には其の権限を使うことさえ出来ないでいるのでしょうが、だとするなら、今のあなたの強硬な姿勢を今後共維持すべきであると考えます。

権力を持って、ご自身の考えを行使すると言うことは政治家にとって基本的なものであり、ここで頓挫すれば最低の政治家として日本の政治史の中に記されることになります。そもそも政治の世界で何が正義などと問うこと事態異常なのであり、政治は権力闘争であり、騙しあい、足の引っ張りこは当然で、民主党内の雑音は強健によって押さえ込む姿勢こそが大事で、首相が本当に政治とカネの政治に決着をつけるとするなら、古い金権政治家(小沢一郎)を当然、除名することでなければならなかったのです。

おそらく民主党は真っ二つに割れるでしょうが、実はそれが政界再編の突破口となりえたのです。小沢を切ることで野党自民党との政策協定が成り立ち、予算は成立することになります。しかし、党員資格停止では小沢離れがしていないと見るのが野党や国民の大方の見方でもあります。

首相が迎え入れた与謝野氏や柳沢氏、そこまで踏込むのであれば何か策があるのではと思ってみましたが、それもないようです。今の政界は民主党も野党も日本の未来への政治理念を持ちえていません。たちあがれ日本に協力を要請し見事に断られましたが、あなたの考えはどうかわかりませんが、私は政界の再編へのきっかけを作ったと考えます。

あいにく、たちあがれ日本の政治家の古い体質が其のチャンスを壊す結果ともなりましたが、社民党と組むよりも、たちあがれ日本と組んだほうがより現実的な政治を行うことが出来たのではないでしょうか。いまさら過去となってしまったことを言ってもいたし方ございません。

これらの政治の混乱は自らが作り出したものであり、ご自身で決着をつけることしか、この閉塞した政治状況を変えることが出来ないところまできています。解散選挙が不可能とするなら、思い切って民主党の一部を切り捨てても野党との妥協のもと現状をとっばすることしか道はございません。

それとも徹底的に、この日本の腐りきった現状をまっしぐらに突き進み自ら自滅の道を進むのか、残された選択は多くはありませんが、あなたの最後の決断を明らかにすることをお勧め申し上げます。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。