趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(175話) …妻のため息が聞こえる。

(175) 我がゆゑに 妹(イモ)嘆くらし 風早の
       浦の沖辺に 霧たなびけり
           巻15・3615 遣新羅使

解説・ (怖い船旅を続ける)私のことを思って妻がため息をついているらしい。(ここ広島県岩国市東北部の)風早の浦の沖に、今一面に霧が立ち込めている。…という歌です。

立ちこめる濃霧に妻の熱い思いを込めた呼吸を、息を、体感している古代人の姿が見えるようですね。

(175') 真楫貫(ヌ)き 船しいかずは 見れど飽かず
       麻里不布の浦に 宿りせましを
          巻15・3630 遣新羅使

解説・ 舷に多くの楫を取り付けたこの船が、ずんずん進むのでなければ、(この山口県岩国市東北部の)麻里布に泊って、いくら見ていても見飽きないこの美しさを、堪能したい…。という意味の歌です。

瀬戸内海航路の美しさは格別。万葉人の目を奪い心をとらえるほどの眺望で、使命を帯びた旅への悔やみです。

現代のサラリーマンが社命や上司の命令で出張まえに意図していた観光が思うように許されぬ姿が重なるようです。(笑)

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。