趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

民主党政権に代わる「救国内閣」を   !

衆議院の予算委員会を見ていて、民主党内閣の対応には唖然とするしかない。野党の攻勢は、民主党の闇の部分を次から次へと明らかにしていっている。これでは、前に進むことは不可能であろう。予算を通さなければ国民を裏切り、その責任は野党にあるという岡田幹事長をはじめとする民主党の考え方は、党内の菅修正主義者と小沢原理主義者の内部紛争ををも含めて、自らの責任を他に転嫁する弐至っては政権運営能力のなさを露呈するもで即刻解散総選挙を実施すべきところまで来ている。

そこで、私の救国内閣 名簿を提示してみる。

首相・・・・・・・安部晋三
外相・・・・・・・桜井よしこ
財務相・・・・・・三橋貴明
文科相・・・・・・義家弘介
防衛相・・・・・・田母神俊雄
国交相・・・・・・上田清司
法相・・・・・・・稲田明美
農水相・・・・・・石破茂
経産相・・・・・・竹中平蔵
国家公安委員長・・平沼赳夫
官房長管・・・・・小泉進次郎

その他にも、私が評価する山谷えり子氏、松原仁氏、長嶋明久氏、高市早苗氏、西村信吾氏など日本のこれからの進路を明確に示してくれるような政治家がいるものと確信する。

この殺伐とした政治と社会を再生させるには「教育の再生」「戦後レジーム」からの脱却こそ必要なのであり、政治が堕落していても経済はそれなりに動いてはいる、しかし、国家の権威が崩れ去れば国債の価値は低下し、深刻な国家破たんへの道へとつき進ことになることを忘れてはならない。
民主党にも自民党にも政治への期待が持てないとするなら、国民がどんな内閣を希望し、日本の国家をどのような方向に持っていくのか、国民の行動が今まさに問われているようにも思う。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。