趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

増える若者の自殺

東京新聞(3/3 夕刊)によれば、同日警察庁は、昨年一年間に全国で自殺した31,690人について職業、原因、動機などの統計を発表しました。自殺者総数は前年に比べ1,155人減少していますが、「就職失敗」が原因の自殺は424人で、リーマンショック前の2007年に比べ2.4倍増。その約40パーセントを占める153人は20代。「仕事の失敗」「職場の人間関係」が原因でも20代は前年より増えているとのこと。
 
 自殺は年代の如何に関わらず悲しい出来事ですが、若いのに前途を悲観していのちを絶つ若者の心情を察すると胸が痛みます。人生経験が浅く、純粋なだけに苦難に直面すると、つい思い詰めて視野狭窄に陥り自殺という選択肢に至るのかも知れませんが、惜しまれてなりません。

 若者の自殺に限らず、思い起こすのは、イスラムの国では自殺者が少ないということです。制度としてのセーフテイネットが完備しているわけではなく、相互扶助の精神がイスラムの教えでは当然の徳目として幼少のころから人々の身に付いているから、苦境にある人は容易に助けを求めることができ、他者からの救いを得られるというのです。

 先般のタイガーマスクの美談でも見られるとおり、本質的には日本人も他者を思い遣る優しい気持ちは厚いと私は信じています。しかし、控え目な性格や他者とかかわるのは面倒という気持ちが善意を見えにくくしているのかもしれません。人々の心の持ち方を少し変えるだけで自殺者も減り、社会はもっと住みよくなるのでは、などと考えるのはナイーブ過ぎるでしょうか。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。