趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(178話)…対馬の遊女の出迎え。

(178) 黄葉の  散らふ山辺ゆ 漕ぐ船の
         にほひにめでて 出でて来にけり
       巻15・3704 対馬の娘子・玉槻(タマツキ)
解説・ もみじ葉の散りしきるこの島の山沿いを漕いでくる、まことに見事な色どりの船の美しさに惹かれて、お迎えに参上しましたわ。 …優しい女性の声が聞えてきそうな歌。
ここまでの惨憺たる船旅に、この対馬の遊行女婦(うかれめ)の
心やさしい歓迎を、一行はどのように受け止めたでしょうか。

(178') 玉敷ける 清き渚を 潮満てば
       飽かず我れ行く 帰るさに見む
        巻15・3706 遣新羅使・大使
解説・玉を敷いたように清らかなこの渚に(深い愛着を覚えるけど)、潮が満ちてきたようだし、心を残して船出しなければなるまい。帰途に立ち寄ってまた、ゆっくりと眺めたいものです。…という意味の歌です。

大使は阿部継麻呂で、当時の厳しい国際情勢もあって、この使節団への新羅の対応は冷たく、使命を果たせずに帰途につくことになるのですが、まだそのことを知る由もありません。しかも帰途、大使は、この対馬で病死(自殺説も)する結末となるのです。

おや? 誰です!「行きはよいよい、帰りは怖〜い…」というわらべ歌をうたうのは! いや波間には怖い海入道の声も。(笑い)

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。