趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(179話)…ああ、わが母国!そして、わが家!

(179) 家島は 名にこそあれ 海原を
      我が恋ひ来つる 妹のあらなくに
            巻15・3718 遣新羅使人
解説・ (おお、家島に帰りついたぞ。)しかし家島とは名ばかりの島だったのか。(遠く荒れる)海原をひたすらに恋い、わが家を目指して帰ってきたのに、愛しくてたまらぬ妻は居はしないではないか。…という意味の「家を恋う」歌です。
 ・家島→兵庫県南部、播磨灘北部にあり、姫路市に編入。

注)まだ、播磨灘に辿りついたばかりです。家島と家を懸けた,島名を皮肉った歌です。自宅に帰りついて妻の笑顔に迎えられるにはまだ数日かかります(笑)。

(179’) 大伴の 御津の泊りに 船泊てて
        龍田の山を いつか越え行かむ
               巻15・3722遣新羅使
解説・ (さあ、帰国だ!)大伴の津(難波の港)に船を早く着けあの龍田の山を越え、都へ行くのはいつなのだ。…なんとも、もどかしい!という意味の歌です。
 ・龍田の山→生駒連峰の一峰→この山越えで都へ戻りつくという旅人たちの目安でもあった。

大使は対馬で病死、副使大伴三中も病気に侵され入朝が遅れ、遣新羅使の目的も果たせずで散々だったこの旅路を綴る145首の悲劇の歌物語は、こうして幕を閉じます。 嗚呼!

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。