趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(182話)…あなたに逢うまでは、死に切れません。

(182) 帰りける 人来れりと 言ひしかば
       ほとほと死にき 君かと思ひて
        巻15・3772 茅上娘子(チガミノオトメ)

解説・ (流刑の人たちが大勢)帰って来たと人が言うのを聞いて、(ほんとに天にも舞いお上がるように嬉しくって)もうちょっとで死んでしまうほどでした。もしや、貴男にもお逢いできるかと思って!…という意味の歌です。
 740年(天平12)の大赦で穂積老らが流刑先から戻って来ましたが、彼女の愛しい中臣宅守は大赦から洩れていたのです。
(中西進『万葉集』全訳注原文付、新潮社『万葉集』古典集成(4)など。741年9月の大赦によって復位か。桜井満説など参照)。

(182’) 白妙の 吾が衣手を 取り持ちて
        斎(イワ)へ吾が背子 直に逢ふまでに
         巻15・3778 茅上娘子(チガミノオトメ)
解説・ 先日、形見にとお送りしたあの、(私が縫った)白い衣の袖を手に取りお持ちになって、慎んで神様にお祈りをしてくださいね。(一日も早く)直にお会いできますように! …という意味の切ない女性の祈るような歌です。         

激しい恋歌63首を交わし合った二人ですが、その後この二人が結ばれて幸せになったがどうか、『万葉集』に歌や記録がなく、あとは皆様の豊かな想像力の中で、その結末を見るしかございません。
さて、あなたは、いかがなロマンを描かれますか…(笑)。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。