趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

3/12 49歳になった。

昨日から地震が続いている。

状況は悪くなるばかりのような気がして来た。
テレビ嫌いの夫も、私よりテレビ報道の映像をただただ見ている。
体の芯から打撃を受けているような様子が窺える。
いつにない状態だ。ちょっと心配。

実家の群馬では、酒瓶が落下して散乱したらしい。
家族は無事だったが、ひどい揺れだったと聞いた。
とりあえず一息。

電力不足報道があってから、ラジオを聴き、暖房は停止。
食欲も落ちた。私が沈んでも仕方がないのだが。
気分が乗らない。
日本語教師の目標すら、別方向へ向き出している。
昨今の日本人の日本語危機を感じている為、外国人に教えている場合ではないぞ!!という焦り・焦燥感に変わった。
江戸時代よろしく、寺子屋を開きたいという考えになっている。
当然、教えるのは子供から大人まで来る者拒まず。
当然、無償、無料開放、時間無制限。
なんでもありってこと。

私に教えられるのは、日本語・簡単な英語・ピアノ(楽器を持っているので弾きたい子・人はご自由にということ)・着付(現在修行中)、加えて今後の修行によっては、琴(これも楽器購入を前提に)も追加。そして大前提として、基本のしつけ(日本人としての日本的な・人間的な精神・言動について)である。

もちろん、死ぬまで修行の身である事は大前提だ。
私自身も死ぬまで精進する、この交流によって、互いの切磋琢磨を目指す、という寺子屋である。

少し気分が高揚してきた。
地震での沈んだ気持ちもなんとか克服できそうな気がする。
頑張ろう。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。