趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

女性俳句の世界

降霜の 一撃受けて 藪枯らし
 悲しからずや 突如終わりぬ

★『女性俳句の世界』(上野さち子/岩波新書)を読みました。
※近世〜現代までの12人の女性俳人の俳句と生涯が端的に描かれています。先の「折々のうた」シリーズで紹介された句にも、多く出逢えました。

《田捨女(でんすてじょ)
雪の朝二の字二の字の下駄の跡》
※落語でよく聞いています。

《千代女(ちよじょ)
起きて見つ寝て見つ蚊帳の広さ哉》
朝顔に釣瓶とられてもらひ水》
※前者は、多分これも落語。後者は教科書で。

《中村汀女
外(と)にも出よ触るるばかりに春の月》
厳寒や心きまればきびきびと》
※前者も、教科書かなぁ?

《細見綾子
すみれの根網目をなして土抱く
すみれ植う父子や髪を触れ合はし
藪からしも枯れてゆく時みやびやか》
※ヤブカラシがそんな風にロマンティックに枯れていくのを、見たことがありません。精一繁茂している最中、降霜にやられていきなりクシャクシャに萎れ、終って逝く様子ばかり見ています。

〜〜〜〜〜〜本日のジョグデータ〜〜〜〜〜〜
29分48秒/八国山麓5km/BMI:24.2/bpm:140/
靴:ボンビート(★★★★)
※?! 東京電力は、地震直後から福島第1原発の環境モニタリング測定値の公表をストップし、「調整中」などとすっとぼけています。その上第2原発も、避難を呼びかけた直後から、「調整中」とすっとぼけ始めましたhttp://www.tepco.co.jp/index-j.html。何たる鉄面皮! その測定器が爆発したわけじゃないのだから、測定はできるはずです。異常漏れを隠蔽しようとする魂胆丸見え!

BGM:自粛

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。