趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

3/15 石原都知事の「天罰」発言に落胆す。

今朝のネット・ニュースで知った。
どんな発言内容かは、今回は関係ない。
天罰という言葉が使えるのは、被災された方達だけだ。
それも大いなる展望の下で。

まして、都知事の公的発言である。
この単語を使っただけで、この言葉が突き刺さるのは被災された方達だ。
例え、自虐的に、近代文明に対しての言葉だったとしても、あまりにも浅はかな発言だ。
得てして、年配の自分に自信を持っている人は、大雑把で大口を叩く。その代表が彼、現在の石原都知事。
情けないのは知っていたし、これまでの発言でも随分いい加減だった。それでも大目に見られていた。
しかし、もはやこれまで。
あまりに思慮分別がなさ過ぎる。

被災地の人々のため、かける言葉は、勇気付けと、被災地以外の我々に対する節電や募金などの根本的で大いなる協力要請であるはずだった。

一人ひとりが節電・募金に協力し、計画節電を回避すればいいのだ。マイカー出勤は止めて、公的交通手段を利用し、その交通手段の臨時体制に着手すべきなのだ。

今する事はたくさんある。被災地に一般人が入れる時、即効対応ができるような体制を整える事、天罰なんて言葉は自分に向けろ!
被災していない者が言う言葉ではない。

東京都民の判断がどう出るのか、今度の都知事選に注目する。
自分の食事を自分の手で料理しないような人物に、普通の生活がどういうものか、わかるまい。
原発によって生み出された電力で生活している我々にこそ、天罰が与えられるべきであって、原発の危険と生活を共にしている東北の人々だけが悲しみを受けるなんて、天罰であるわけがない。

東京都にカジノを作ろうなどという、馬鹿げた構想を立てる石原氏。そのネオンの輝きは、どこから来ているのか、今回の大地震でよく見つめなおすといい。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。