趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

時は遅し、自分の身は自分で守る

地震、津波による被災者の皆さん
強い意志を持ってこの難局を共に切り抜けましょう。
追い打ちを掛ける如く放射能漏れが現実味を帯びて来ました。

何も信用できない。
総て肝心で重要部分が隠蔽されている。
もう既に東電福島第1原発の3号機、4号機で
放射能漏れが現実に起こっているよ。
2号機も既にその可能性があるよ。

各国の大使館員がそろそろ国外退避を検討し始めた。
フランスでは既に核公安局長が
レベル6の被害と警告を発している。

既に関東の各地で異常な放射能を検出している。
被災者になりたくなかったら今日の雨は
絶対に濡れない最大の注意を。
出来るなら、窓をしっかりと閉めて、
エアコン、換気扇を停止して外部との接触を断って、
部屋に閉じ込めるべきです。

放射能は怖いですよ。
平和ボケしている場合では絶対にありません。
扇動ではありません。警告です。厳戒態勢です。

壊滅的は状態はこれからです。
炉心溶融が始まったら(一部で既に始まっています)、
確実に奈落の底です。

何故この緊急時に
首相自ら東電本社に行かなければならなかったか。
危険を察した東電幹部が原発の保安要員を
全員撤退させる決意を示したからです。

撤退はありえぬ、覚悟を決めろって。
死ぬ気で死守せよって。
ここまで緊急事態です。
と私は危惧しています。
信じる人は信じ、
馬鹿言ってんじゃないよと思われる人はそれで良いよ。
選択は各人の自由ですから。

ここまで来たら誰が自分を守ってくれますか。
自分で自分を守ることです。

危険が予想される地域
(福島県、風向きにもよりますが、宮城県、北関東)
の人は今日の雨で絶対に濡れないことです。

皆さんに一つお聞きしたい。
災害【事故】が起こった場合に取る処理として
?最大の被害を想定して対策を取る。
?最小の被害に留めようと処置する。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。