趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(184話) …献身的に働く人々への感謝を!

(184) 我(ワ)ろ旅は 旅と思(オメ)ほど 家にして
         子持ち痩すらむ 我が妻(ミ)愛しも
     巻20・4343 玉作部広目(タマツクリベノヒロメ)

解説・ 僕の旅は(朝廷の命で)致し方のない辛い旅だと思うけど、故郷に遺された家で子を抱え労働を強いられて、痩せ窶れているであろう妻が愛おしく、可愛そうでならない。…という防人(駿河、今の静岡県)の歌です。
 ・我ろ→我、思ほど→思へど、妻(ミ)→妻、と何れも東国訛。

防人として徴用された兵士の故郷に残された妻を思う真情の溢れた歌です。男が防人に動員されても家への免税措置はなく、残された家族の苦しみは実に大変なものでした。
 3年交代で帰還する制度ではありましたが、国家財政の逼迫からか任期を延ばされたり、東国から筑紫への往復の途中で、命を落とす人たちも数多く、この人物も帰還できたかどうか…。
古代から繰り返される、国家、国民のために犠牲を強いられる人たちへの敬意と謝意をどう表現されていくべきか、またどのようにその労に報いるべきか、改めて考えさせられる歌でもあることです。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。