趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(185話)…古代における、肉親との別れ。

(185) 父母が 頭(カシラ)掻きなで 幸(サ)くあれて
        言ひし言葉(ケトバ)ぜ 忘れかねつる
      巻20・4346 丈部稲麻呂(ハセベノイナマロ)

解説・ 父さんと母さんが、こもごもに僕の頭を掻き撫でて、「どうぞ達者でな(元気で帰ってきてくれよ)」と言ってくれた(見送りの時の)あの言葉が忘れられないよ。…という若い防人の歌です。
 ・幸くあれて→幸くあれと、言葉(ケトバ)→言葉(コトバ)、の  東国訛り。
防人は21歳から60歳までの男子が徴用されており、「頭掻き撫で」というのは、別れ際の習俗か儀礼でもあったのでしょうか。 いずれにしても、遠くに引き裂かれる肉親の堪らぬ心情が詠われたものです。世界大戦でわが子を見送った親御さんたちの気持ちもわかりますね。

いや、福島原子力発電所の消火に身を挺して活躍する、作業員、消防士、自衛隊員の皆様を見送る家族の立場に身を置き換えると、居たたまらぬ思いがすることです。
どうぞ、放射能被曝でお怪我のなき事を、ただひたすらに祈る気持ちです。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。