趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(186話)…明日が見えない不安の旅。

(186) 百隈(モモクマ)の 道は来にしを またさらに
      八十島(ヤソシマ)過ぎて 別れか行かむ
   巻20・4349 助丁刑部直三野(オサカベノアタヒミノ)

解説・ 幾まがりもの道を廻ってはるばると(陸路)、ここまでたどり着いたのだが、この上さらに島また島と無数の島を漕ぎ過ぎて(海路を故郷遠く)、別れていかねばならぬだろうか。
 …苦労して難波(大阪)に着いて今から、行き先の長い筑紫へと海の旅路への不安を募らせる防人の歌です。
 ・助丁(ジョチョウ) → 防人の階級序列の一つ。上総国(千葉県)から徴用された防人です。


古代人の苦渋と不安にみちた旅が思いやられます。電灯も海図もない時代の航路。海の旅には怯えたものと思います。
そして行き先も見えない…。

巨大な地震と津波に襲われた東北の被災者の多くの方々のご不安な毎日も、かくやと思いやられます。
わが家まで流された被災者もいらして、私達も何とかお役に立ちたいのですが…。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。