趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

当たり前であることの有り難さ

朝起きて、2日ぶりに温水シャワーを浴びました。(前の日記でも記しましたが、我が家では入浴よりもシャワーを愛用しています。)吐き出し口から勢いよく噴出する温水が肌に刺激を与え、なんとも言えない気持ち良さを与えてくれます。タオルに石鹸をたっぷりつけ、全身を洗い、再びシャワーを浴びる。シャワーを浴びた後の気持ちよさは生きている幸せさえ感じさせてくれます。

 いままで当たり前のことと特に感慨もなく浴びていたシャワーですが、一日置いてのシャワーであることと、大震災の被災地の人たちが一週間も風呂に入っていないとテレビの画面で訴えていた窮状を思いやると、この上なく有り難く思われます。

 考えてみると、用事で外出する際、バスや電車などの公共交通機関を利用するわけですが、人身事故やその他の故障による遅延もなく予定通り往復できることもこの上なく有り難いことなのですね。当たり前な生活が送れることが、如何に有り難いことか、今回の大震災は改めて気づかせてくれました。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。