趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

【 苦し紛れの・・・激震日記? 】 天然生活 ( 其の152話 )

《 苦し紛れの・・・激震日記? 》

我が家を襲った今回の激震災害については
繰り返される報道のままで取り立てて述べる迄ではないが
広範囲の沿岸部の惨状には胸の痛む思いが溢れてくる

我が家の断水停電の五日間など取るに足り無い事であり
むしろ‥‥日頃の爛熟した生活(国民年金生活と言えども)が如何に砂上の楼閣的で傲慢さに馴れ切ったものか思い知らされもした

それにしても‥‥
沿岸部の多くの人々が類い稀な阿鼻叫喚の惨状にも拘らず
静かな連帯感でもって支え合っているのを見るとき
日本人の長い間に培われた隣人愛が消滅していなかった事に
一縷の安堵感を覚えたのも確かである

そして‥‥
太平洋岸の風光明媚で豊かな海が再び人々の故郷となるべきを
心の底から願わずにはいられない

良くも悪しくも故郷は誰にとっても生きる支えなのだから‥‥


    《 小景異情 》 ‥‥室生犀星

  ふるさとは遠きありて思ふもの
  そして悲しくうたふもの
  よしや
  うらぶれて異土の乞食(かたい)となるとても
  帰るところにあるまじや
  ひとり都のゆふぐれに
  ふるさとおもひ涙ぐむ
  そのこころもて
  遠きみやこにかへらばや
  遠きみやこにかへらばや


一人びとりが故郷に対する思いは其々ではあるが
故郷あればこその人生でもある‥‥

人々の故郷の復活を祈ると共に
人々の素朴な暮らしの一日も早い復興を願うばかりである

        *********************

※追伸
   今回の震災に際しましては
   本当に多くの皆様に心配をかけ
   且つ見舞いを頂きまして
   新しい時代の人間の心の結びつきに
   感動しております

   又‥
   知人の寄棟の豪邸が倒壊したのにも拘らず
   築65年(一部)の瓦葺のボロ家は度重なる
   激震にも奇跡的に無事なのは不思議というより外はありません

   又‥
   激震の最中に風呂の水が天井まで飛び上がる様は
   見事でもありました

   只今‥
   二千数百冊の本雑誌の洪水の中でゆっくりと
   跡片付けをしております
   長年愛用した真空管アンプなどには損傷を受けましたが
   そのうち‥‥この世とオサラバする身であれば
   何の名残もありません

   それよりも‥‥
   多くの皆様の温かいお気持ちに接して
   老いぼれながら浮き立つ心地で今日も暮らしました

   本来なら‥‥
   いちいちお伺いして御礼の言葉を申し上げべきところすが、この日記も友人のパソコンから発信しておりますので免じてお許しを願いたいと思います


       ************************

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。