趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

物事は冷静にとらえるべきだ   !

被災地の深刻さをよそに東京近辺では、微量の放射能に一致一優し、物の買い占めまでおきる状況が起きているという。なかには東京から避難する人種たちも存在するという。

我々貧しい国民は、だとしてもそんなおかねは持ってはいない。朝日新聞あたりは必要に危険性をあおるが、政権の判断ミスと対応のまずさは、官僚がかばぁしてくれるとしても、この報道に関しては疑う余地など持ち合わせてはいない、何しろ天下の朝日であるからにして信じるという結論をするしかない。

必要に恐怖心をあおる(朝日新聞社発行の「アエラ」)ことの国民の不安はこのような報道で左右されてしまう。そのような知識が結果として、東京から避難したり、危機意識の中で買いだめといわれる行為に走ってしまうきらいはある。

この放射能漏れは基準値を多少超えてもたして問題はないと放射能研究者たちもテレビなどにでてくどいほど説明している、にもかかわらず、一方では報道などによる風評が飛び交うのは明らかに情報を的確に出せと言っている報道にその責任があろう。海外での原発事故が重大事故と位置ずけられているのも日本の報道機関がそのペースとなっているともいわれる。

国民は情報開示が重要だと主張する、だが、その情報を判断する知識を持っているかというと全く持ち合わせていないのが現状だろう。その判断をするのがマスコミといわれる報道であり、国民は報道が伝える判断が「正義」となり、報道機関が示す方向に向かって、雪崩を打って突っ走る結果がこのような現象を生んでいるといってもいいだろう。

福島原発の津波による事故は、ある意味では自然災害であり、想定外(いいわけだという人もいる)のことが起こってしまったのであろうが、私は日本の科学技術、特に原発に関する科学者は世界一といっても過言ではなく、この事故を解決し、この事故を教訓として新たな原発の管理強化する体制をつくることによって、私たちの生活は最低限確保されることになるのである。

原発即廃止という極論には賛成しない。現に全滅したといわれる女川町民は女川原発に避難し命が助かったとされる。我々は、この事態を楽観的に考えるべきで日本人すべてが教訓とし前向きに頑張らなければならないのではなかろうか。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。