趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

身近に棲む昆虫の標本展

昭和22年頃から採集された昆虫の標本1400点の展覧会が開催され、その会場警備のボランティアとして行った。

中には珍しいものとして、採集当時の新聞記事にもなった、冬虫夏草の「オサムシタケ(オサムムシに寄生しているキノコ)」も展示されていた。

同じ種類でありながら、少しずつ形や紋様が変わっていたり、また、同じ様な模様でありながら別種であったり、と昆虫達の自然界に対する様々の対応振りに感心した。

子供の頃、「便所こおろぎ」と言っていたのは「カマドウマ」のことであったり、「くそバッタ」は「ひしバッタ」のことであったり、正式の名前も知ることが出来た。

今では殆ど見られなくなった国蝶の「オオムラサキ(蝶)」も嘗ては普通に見ることが出来ていたことも知った。

小学校2年生が、ペットボトルや針金でこしらえた昆虫の模型は、小さな子供達の観覧者にとって、標本よりも目を惹くものであった。

標本現物と、リストを何度も照らし合わせ、名前を覚えようとしたが、その場を離れるとすぐ忘れてしまう。
説明員ではないから、それでよいことにした。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。