趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

天罰か?

昨年の暮れも押し迫った12/21日に取敢えず白内障左目施術、3ヶ月に渡り一日4回点滴と毎月検診で大変な思いだったが、お陰で劇的に視力回復今まで読みずらかった新聞やPCも恐ろしいほどよく見えるようになり喜んでいた。
処が年が変わり2月中旬ごろから突然何の予告も前触れも無く右下半身がこわばり歩行が儘ならないようになる。
その辺の経緯と現状については脊柱管狭窄症1・2・3の項で詳細公開させて頂いたので割愛するが、どうやら後遺症として残りそうな雲行きである。
弱り目に祟り目と言う言葉があると思うが正に私の場合を言うのではなかろうか・・・
今度は歯が欠けたのである・・好物のピーナツを齧っていたら突然異物感がして歯の欠けたことを知った。
欠損部分が鋭角で舌に触り痛くて我慢がならない・・已む無くIT検索で日曜営業の歯科医を探し本日急患扱いで無理やり予約をいれ治療していただいた。
4/15日の欧州旅行を控え渡航先で歯の治療は海外保険診療外で大変な失費を余儀なくされる事を過去経験していたから慌てて飛んでいった次第であります。
若い歯科医だったが事情を話し短期間で何とかけりをつけてと頼んだら1週間で直しましょうと言っていただきほっとしている。
それにしても次から々と問題続きで都知事ではないが天罰か?と疑わざるを得ないトホホな心境である。
歳は68でまだまだ老け込む程老境とは思いたくないが身体の根幹を成す腰に変調を来してからめっきり意気地がなくなった思いと加え急激な肉体的劣化を覚えた。
振返れば学生時代は勿論社会人となっても頑健な肉体を唯一の拠所として生き抜いてきたのにこの変節が悔やまれてならない。
この現実を己が人生と受け止めて飄々と余生を楽しむにはまだ修行足らず時間が掛かりそう・・・
しかれど東日本の震災に遭われた方々のご苦労を思えば私の思いなどとるに足らない小事・論外であり語るに落ちる・・・

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。