趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

3/28 「ハワーズ・エンド」アンソニー・ホプキンス

実は、昨日もイギリスBBC製作のテレビドラマを見た。
見たといいたいが、見出してからどうにも我慢できず、中止。
とてもじゃないけど、見られなかったからだ。
BBC製作、これがひどすぎるのなんの。
ところが、アマゾンなどの口コミサイトでは称賛されており、馬鹿馬鹿しくなった。
どこを取り上げて褒めることができるのか?褒める所なんてどこにもない。最後まで(6時間)見続けるなんて、そんな無駄な時間は私の人生には残っていないのだ。

で、「ハワーズ・エンド」ですが。
イギリスが舞台。原作の小説はきっとそれなりに読めるのだろうが、映像化が可能なものとそうでないものがある。
今回は後者、映像化には無理がある。
小説をそのまま映像化するからこういう納得できない映画になるのであって、映画化するなら視点をきちんと設定し直して描かなければいけない。
言葉でなら表現できても、才能のない普通の監督には、言葉の微妙な雰囲気などを映像には起こせない、つまり失敗作となる。

しかも、イギリス社会の悲惨さが、日本人には不思議でさえある。階級社会だからって、日本の江戸時代だってこうはならなかった、庶民には庶民なりの豊かさと朗らかさ・強さがあった。
前の日にみたBBCドラマも同じ、大体のイギリス映画・BBCテレビドラマは、庶民と貴族の差が目を覆いたくなるほどに描かれていて、辟易する。

イギリス嫌いが再燃しそうだ。

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。