趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

『ほぼ日刊』糸井重里

糸井さんのブログに今回の地震のページがある。
名前が『ほぼ日刊イトイ新聞』とあり“HOBO”だけでも出て来る。
お気に入りさんのお勧めブログで紹介された。
もともと糸井さんはファンだったし、日曜日の野菜通信も見ている。
その中で、感動したブログが『ある看護師の日記』
今回の震災でボランテイアに派遣される前の注意を述べている。

<全文>
 出発の前日、荷造りに財布やお金は不要と知ります。
 持っていても使い道はない、食事や睡眠は確保できないと思う事。
 トイレも仮設トイレは被災者優先と‥‥。
 「想像以上に現場は壮絶。甘い考えやボランティア精神の人は、
 ここでリタイヤして下さい」
 とリーダーの挨拶。
 「現場ではどんな状況下でも絶対に泣かないこと。私達は同情しに
 行くんじゃない。看護、医療を提供しに行く。あなたたちが泣きたい
 気持ちなんかより、現地の方々はどんなに泣きたいか」
 と続けられます。
 「へたれな私は、もうこの時点でドヨーンとした思いでした」

糸井さんがこのブログを皆さんに読んで貰いたい・・・と書きます。
理由は、この看護師さんが“ふつうの人”だからなのです。
私もこれを読んで、息を飲みました。
いつも軽く“ボランテイア”を口にして来たけれど・・・。
『気軽に気楽に・・・』なんては言ってられない現場の凄さ。
いつもの植林や間伐でも、バスで送迎されお弁当まで付く。
安全まで確保された中で、本当にこれがボランテイア?
これは違う!
そう思えたこのブログは重たかった。

http://www.1101.com/20110311/darling.html

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。