趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

東京電力の国有化に一言

東京電力の国有化が急に話題になってきていますが、国有化という言葉でそうすることで安全管理ができると錯覚している人も多いのではないでしょうか?

特に政治家が国有化すべきと言う見識のなさが腹立たしい限りです。

その政治家がどれだけ自分が責任を持って対処できると言うのでしょう。
政権が次から次へと交代したり、不安定な政治家が関与してもいつの間にか時間が経つとともにうやむやに推移して行ってしまうのではないでしょうか?

これまでも、その安全性につき国会で質疑があっても、しっかりと対応します・・・と言う答弁をしただけでそれっきり、その実現に向けた監督も検査も何も行われずに今回の事故に遭遇したのです。

国有化で安全が確保できますか?

国有化されれば、今まで以上に天下りが当たり前になり次から次へ無責任さがバトンタッチされていくのは目に見えているのではないでしょうか?

これまでが「安全神話」をかかげて、天下りのトップをはじめ幹部が原子炉の建設から始まってあらゆる安全管理をおろそかにしてきたことが、今回の事件で明白になったのではないでしょうか?

事故が起きてからの対処の仕方・発表の内容の食い違いなど、どれだけ今まで安全に対する準備や訓練が出来ていなかったかをさらけ出しています。

ましてや事故当日会長が中国訪問・・研修者の皆さんと一緒と言っているが、会社にも負担させて行きながら誰と言ったのかの答えも個人的問題だから・・・と平気で言えるのでしょうか?我々の一般常識でも考えられないことです。

それほど、安穏としていたと言う事であります。

航空機や鉄道会社など安全で当たりまえ、一般のあらゆる企業が安全第一にどれだけ注意し、苦労しているかはだれもが知っています。

今回の原発事故がいかに・・・放射能で人命にかかわる問題を引き起こすだけに・・・安全対策・訓練が必要だったのかを思い知らされています。

せめて、それが行われていれば事故が起こった素早い対処でこれほどまでの事態には至っていなかったのではないかと思っています。

従い、東京電力のみならず他電力会社を含めて「安全第一」という命題を徹底して遵守する体制を築き上げるべきで、民営化された企業として単純に天下りを受け入れるのでなく、その使命感に答えられる人材による経営をし、安易に国営化すれば安全になるような錯覚を排除し、その安全をしっかりと引き継いで行ける民営化体制を継続すべきと考えるのですが如何でしょうか?

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。