趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

“タイフェスティバル”自粛

毎年楽しみにしている5月の『代々木タイフェス』が中止になった。
昨年も行き、民族舞踊やお土産など楽しい雰囲気の場所だった。
震災の節電対応との告知で、止む無しとも思うが残念。
一番楽しみだったのは、『民族舞踊』のガムラン。
代々木公園は広いが、開催するイベント広場は狭い。
集まる観客25万人に対して、ベンチは100席あまりしか無い。
入り口から混雑が始まり、出口まで続く。
小さな子供を連れた家族には不評だが、若い人には好評らしい。

『タイフェス』は名古屋・大阪でも開催されるが、こちらの中止は無い。
西日本の電力事情は、数百店に広がる屋台でも大丈夫らしい。
東京でも、屋台で発電機を備えるとか、ロウソク・らんたんでも良い。
何も、なけなしの電気を使わなくっても“知恵”を使えば良いと思う。
当のタイ・バンコクだって『停電』は日常茶飯事だ。
屋台村だって、小さな電灯ひとつで細々と営業している。

日本人は、ひと言『停電』と言うだけで
「もう何も出来ない!」と思っていないだろうか。
震災被災地に遠慮しての自粛もある。
しかし、こうしたイベントを通しての理解も広がる。
何万人もの人が集まるイベントなので『寄付』だって集め易い。
残念だが、今年は名古屋のイベントを期待しよう。

参考:名古屋タイフェス(5月28〜29日栄広場)
   :大阪タイフェス  (5月21〜22日ATCトレードセンター)

写真:昨年の代々木タイフェス

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。