趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「過度の自粛」はやめたいですね

こんな記事がのっていました。

菅直人首相は、東日本大震災発生後、国内に広がる自粛ムードが経済に悪影響を及ぼしかねないことから、「過度の自粛」はやめるよう近く国民に呼び掛ける意向を固めた。政府関係者が9日、明らかにした。
 首相は、行き過ぎた自粛により国民の消費活動が停滞するのは日本経済や被災地の復興にもマイナスと判断した。「国民へのメッセージ」として記者会見などで表明する見通しだ。また、被災地の生産品を買う国民運動を始めることも検討している。
http://smcb.jp/snews/119541
-----------------------------------------------------------------------------------------
国民によびかける、とありますが、この「過度の自粛」は、一般国民がしている面ももちろんあるが、石原都知事が花見を自粛するように言ったことに象徴されるように、その多くは、企業とか政府、各都道府県およびマスコミや各種団体にも責任がおおいにあると思う。

そもそも、「自粛」というのか、各個人の判断でおこなうもので団体がおこなうものではない。まして、団体が消費者や国民に呼びかけるものではない。

風評被害もまったくおなじ構図で、卸とか小売りが、茨城の野菜や
東北の魚は卸しても消費されないのでは?というリスクから、卸さないので、店頭に並ばないのであって、国民が、勝手に買わないのではない。事実、売れ残って山になっている光景を見た記憶はない。

今こそ、こういう目に見えない、「過度の自粛」を半強制したり、風評被害の元凶である消費されないのでは?という思い込みでリスクをとらない団体の体質を大いに問題にしたい、とつよく感じます。

こういう考え方が思い込みなのかなあ。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。