趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「ベストを尽くした」考

「ベストを尽くした」(過去形の場合)

行動に対する結果が最善であった時に発せられる言葉として理解したい。
もっと良い結果が得られたかもしれない時は、「できる限りの事をした」(ベストとはニュアンスが異なる)になるのであろう。

ベストを尽くしたことに対する事柄は、結果が出る前の事であって、事後の事ではないと思う。
分り易く具体的に言えば、事故が起る前に手立てを尽くしたことであって、事故が起った後の行動手立てがベストと言えるのは、これ以上の方法はないと言う場合に限られるであろう。

そして、ベストを尽くしたのが自分であると言うのは違和感がある。
関係者の労苦を讃え労う時に使う言葉であると思う。

これからの行動に対する事前の覚悟、決意の表明は「ベストを尽くす」になろう。

「想定外」の時もそうであったが、今日の新聞報道のこの言葉を見て、若干感覚がずれていると、一寸考えさせられた。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。