趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

『 香り展 かく゜わしき名宝 』 於 東京藝術大学美術館

副 題 「 香の道具から日本画まで 」
会 期 4月7日〜5月29日 休館日 5月2日を除く月曜日

6世紀、仏教伝来とともに日本人は香木を焚くことを知りました。
以来、 「 香り 」 を仏教文化、貴族文化、武家文化そして庶民文化へと育くんできました。

「 香りの日本文化 」
「 香道と香りの道具 」
「 絵画の香り 」

の3部構成で、 「 香り 」 を嗅ぐわけでもなく、聞くわけでもなく 「 香りを見る 」 ということがテーマの展覧会です。

「 柄香炉 」 などに象徴されるように仏教における仏様への供養で基本かつ最大のものが 「 香 」 ということで、仏壇や聖徳太子、高僧の絵には必ず出てくるのが香の道具です。
平安時代には貴族の間で日常的に用いられるように
そして、いつも死とともにある武家社会でもたしなみとして、兜や衣装に香をたきしめるように。
さらに15世紀には香道が確立し、江戸時代には、浮世絵にも描かれているように庶民にまでその文化はひろまっていきました。

こうした文化は 「 香り 」 を意識した絵画も生んでいきます。

一般的には、どちらかというと縁遠い 「 香り 」 の世界を 「 堅苦しく聞香する 」 のでなく 「 気楽に見る 」 という企画、それなりに興味深いものがありました。

コミュニティ 「 美術館・博物館に行こう!! 」 に別の写真をUp しています。
http://smcb.jp/_bt01?topic_id=1093978&tr=mp_57

左 「 伽羅 」 鏑木清方 1936 年 山種美術館 ※ 5月10日から展示
  夢から覚めたばかりの美人、源氏香の図 ( 初音 ) が意匠化
  された蒔絵の 「 香枕 」 が。清方はこの見えない伽羅の香を
  江戸の香りとして描いた。

中左 「 夜梅 」 速水御舟 1930 年 東京国立近代美術館
   月光の下、木々の間からほのかに漂う花の香りを絵画化

中右 「 楚蓮香之図 」 上村松園 1924 年 東京国立近代美術館
   外出すると、その香りに魅せられて蝶が飛び従ったとされる
   中国唐時代の伝説の美女・楚蓮香を

右  「 十一面観音立像 」 白檀 重要文化財 奈良〜平安時代
   奈良国立博物館
   白檀など芳香を発する木を用いた仏像。香りを活かすために
   生地のままで塗りはしない。小さな一木造り。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。