趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

脱原発デモに初参加

現場では必死にいろいろな対策が取られていますが、福島原発事故収束の目処が立たないまま時間だけが過ぎていきます。遠隔の地に住む私たちでも不安な日々を過ごしているのですから、政府から自主避難や計画避難を要請されている原発所在地近辺の住民の方たちの切実な不安は容易に想像できます。

 世界で発生する地震の20パーセントが日本で発生している地震大国にあって、そもそも原発は日本に必要なのでしょうか。無くても済ませられる利便性を我慢することで電力消費をある程度節約することも可能ではないか。

 そんな思いでいたところ、脱原発デモが開催されることをインターネットで知り、4月16日(土曜日)参加してきました。デモに参加するのは78年の私の人生で初めてのことです。

 指定された出発時間にかろうじて間に合い、動き始めた行列のしんがりに並びました。世話役の人が拡声器で、「原発は要らない、/エネルギー源を他に求めよ / 安全な日本を返せ / 綺麗な海を返せ 」などなど時に管政権への批判も加えながら参加者にシュプレヒコールを促します。

 暫く歩いて後ろを振り向くと2,30人の人が私の後に加わっていました。参加者総数は千人未満でしょうか。各々インターネットでデモを知ったらしく私のような個人参加者が殆どで、集団で参加する人は見かけませんでした。原発に対する不安が恐らくこれだけの参加者を自発的に参加させたのでしょう。おびただしい数の警官に警備されながら整然としたデモは、およそ1時間半かけて千駄ヶ谷、原宿、渋谷から神宮通り公園まで歩き、そこで無事解散となりました。

 安全で平和な生活は自分たちの手で守るという意識の人たちが次第に増えているという実感を抱いた日でもありました。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。