趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

レトリックの本

原発の 安全神話も レトリック
 騙されたつけ どれほど也や

★『レトリックの本』(石井慎二編集/ジック出版局)を読みました。
※別冊宝島シリーズですが、真面目と茶化しとがごちゃ混ぜのような感じです。例えば、目下のテレ朝「ビートたけしのTVタックル」は政治ネタを扱っていますが、その誌上・レトリック版、といったところでしょうか。

《「…フランス語が一番よささうな気がするのである…」。これは昭和21年4月の『改造』に発表された、志賀直哉の日本語廃止フランス語採用論だ。…前島密たちは、日本語をローマ字で表記する事を真剣に考えていたそうだし、森有禮の場合は英語を国語として採用する事を提案していたそうだ。そもそも漢字が中国から移植された文字であった事を考えあわせると、どうも我々日本人は国語や国字に対して、ヤドカリが他人の殻に住みつくようななにか安直な発想があるようだ》

《音も無く降る雪の音がドンドンドンドンと柔らかに連打される大太鼓で確かに聞こえてくるような気がするから不思議だ(井上ひさし)》
※外国人にもそう聞こえるのでしょうか? 条件反射のように思えますが。

《「倒音」現象…ぶんぶくちゃまが…おさがわせ…》

《「ジイサン、バアサン、ごあんなーい」…これは、十三番さん、だったとか》

※ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第5番/スメタナ弦楽四重奏団、を聞きつつ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。