趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

親爺の二人旅・・・欧州編4

昨日でLondonの滞在4日が恙無く終了!3日間お世話になったHolland park YHの宿泊感想・・
緑豊かな公園動物愛護の国英国の面目躍如様々な種類の犬達が自由を謳歌している、その中で古色蒼然中世の古城然とした立派な建物が当YHである。
その昔は何とか卿の屋敷であったそうな規模大故受付嬢が3名もいた、何れ劣らぬ美形東洋から来た親爺二人が物珍しいのかにこやかに接してくれた。
たどたどしい英語で予約を日本から入れてあることを説明しcheck inまで荷物を預かって貰う所までは順調だったが、ロッカーの仕様が日本のそれと違ってて早くも苦戦美形の受付嬢の手を煩わせやっと事なきを得た次第。

部屋は生まれて初めてのドミトリーで10人部屋子供達より大幅に若いドイツ・フランス人の中に混じって今日から異国での本格的生活が始まると思うと年甲斐も無く興奮している。
ベット・シャワー・トイレ何れも清潔好き日本人の許容範囲これなら何とか頑張ってこれからのYH渡り鳥も行けるかなというのが一応の感想である。

続いて市内観光の必携オイスターカードにも触れてみたい、要は我国のスイカと仕組みは同じ違いは地下鉄4が1.8ポンドにバスは2.8が1.2ポンドにと大きく割り引いている。
乗り降り自由だしデポジットの範囲なら何回も使えチャージも出来た、後で気がついたが何処の駅でも購入出来どの機械も日本語変換が出来小額でも追加が可能、流石日本で鉄道が始めて開通する前から地下鉄網を整備しあった大英帝国の底力に感服した次第である。

それぞれの駅にあるトイレにも序に触れるが30Pの有料とは驚いたサービスは無料と相場の決まっている日本は天国!チップも含めサービスに金を要求するお国柄には正直抵抗が未だある私は典型的日本人であった。

さらに加えて鉄道の駅窓口で初めて翌日のコッツウェールズ観光のための列車切符購入にも挑戦してみたので記したい。
此方の乗車券は時間帯によって大きく価格が異なるその格差倍以上我々の常識では考えられないお国柄の合理的理由なのだろうが、従って事前の検索が必携圧倒される体格の黒人駅員の厳つい顔の前で萎縮しながらも何とか意思を伝え用件を懸命に喋って、座席指定と乗車券を手に入れたときは万歳三唱の子供みたいな興奮ぶりでなんとも翻って情けない話・・・

本日はウインザー城・ストンヘンジ・オックスフォード観光!相棒は日本からの予約に自信なく9:00初のツアーに何と5時YHを出発するといって聞かないので已む無く不承不承出かけた。
案の定冷え込みの厳しい早朝延々とバスターミナルで待つ羽目に・・・おまけに財布をなくしたと大騒ぎが始まりお互い険悪な雰囲気に結局はしまったところから出てきたので事なきを得たが5〜9時までの4時間私の機嫌は悪かった。

しかし旅は道ずれ世は情けと言うではないか・・・壮大勇壮厳然と聳え立つウインザー城の伝統美、ストーンヘンジの不思議・古き良き英国の町並みを残すオックスフォードの雰囲気に溶け込むに連れ私の機嫌も直り意義のある一日を終えたことに満足している。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。