趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

親爺の二人旅・・・欧州編7

霧の都ならぬ初夏のLondonを後にしベルギーはブルッセルへ、勿論憧れのユーロスターに初乗りで興奮を隠し切れない。
今回は全て自前で格安の座席指定と乗車券をIT予約現地で発券機からget厳しい入国検査をえて電光掲示板に映るplatform numberを確認の上乗車と兎に角はらはらどきどきの連続であった。
ともあれ英語力が乏しい・地の利無くあまつさえ要領システム不案内な状況下スムーズでなかったことは確かだがクリアできたのであるこの経験と実績は大きいと思っている。
予断なるもST・Pancras駅構内でITはfreeで電源もあったので待ち時間は楽しめた、昨日売り仕掛けの手持ち株が異常に高騰しお陰で今回の費用は運用益で賄える勘定だがそれ以前の損が酷く手放しで喜んでいる訳ではない。

快適な高速列車の旅・・・相棒がwiskyを勧める朝から一杯聞し召しご機嫌な内に終着駅ブリュッセルに近ずく周りの乗客がみんな降りる、気がつけば車内には酔っ払いの親爺二人だけ9:42分到着にはまだ1時間あるからよもや到着しているとは全く気ずいていない二人、その内車掌が飛んできて何か早口で喚いているがフランス語らしいことはわかったが意味がわからない。
兎に角降りろと言う仕草不承不承乗換えとは聞いていないよと思いながら指示に従い下車、どの列車に乗り継ぐべきか・・切符を片手に駅員に聞くするとここがブリュッセルだよと教えてくれた・・時差が1時間あり現地時間ではなるほど9:52となっていた。
昨日に続いて何とも又お粗末な嗤うしか無い一齣・・でした。

大きな手荷物を預けるべく今夜のYHへtaxiで直行早速市内観光に繰り出す、グランプレス・小便小僧・王の家・市庁舎等昨年も来たばかりの人気スポットを見て回る昼時になったので瀟洒なレストランのアウトテラスでステーキとスープ・サラダとパンとビールで懲りない親爺二人先ほどの失敗も忘れまたまた盛り上がる。

暫く心地よい風に酔いを感じながらも次のスポットへサンミッシェル大聖堂を拝み早々と帰宅私がシャワーを浴びてる間、相棒が又ビールとつまみを仕入れてきたので再び酒盛りが始まる。
今日は一日飲んでいた・・処で今夜の我々の宿泊先YHは何とドミトリーで無く二人部屋清潔なベットにシーツ、朝食もおまけに付くそうな更にIT予約の段階では一泊しか手配できなかったが受付で頼み込んだら延泊もOKこんな快適なところなら気持ちよく眠れそうで一安心・・今ほろ酔い加減で日記を書いている。
何となくこれからの旅が旨く行くような予感に酔いしれながら・・・

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。