趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

梅干の”種”割ります?

生まれも育ちも中京圏なので、味噌汁は“合わせ味噌”だ。
関東の澄ましも、京都の白味噌も良いが、やっぱり落ち着く。
昨日、即席味噌汁が有ったので袋を開けると“赤だし”でがっかり。
仕方なく、味噌を半分だけ使って後は捨てた。

社会人になって一番のショックは、食堂の味噌汁だった。
赤だしで、見るからに“塩辛い”
せっかくのご飯が、この塩気で不味くなる気がした。
関西から来た仲間は、遠慮なく“お茶”を入れて薄める。
それも倍くらい薄めるので、味も何もあった物では無い。
それでも病気にならなかったのは、労働環境が悪かった性だろう。
エアコンの無い、真冬の工場でも汗だくになったのが懐かしい。

仕事場には年中『冷茶』と『梅干し』が常備されていた。
流石に冬場に氷は無かったが、休憩の度に飲んだ。
梅干しは2〜3個食べただろうか、最後に種を頬張って仕事をした。
この種の微妙な塩加減が美味しかった。
最近でも、よく梅干しは食べるが種を舐めるのは気が引けてしまう。
広州梅のように小さい種は、味が無くなってからがお楽しみだ。
最後に奥歯で種を割って、中の実を食べるのが美味しい。
酸っぱくて、何とも言えない懐かしい味がする。

貧乏くさいのだろうか、家内はこの“パッキン”と言う音が嫌な様子だ。
子供達も絶対マネしないので、良くない事なのかも知れない。
まあ丈夫な歯を持ったことに感謝して、そろそろ止めようと思う。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。