趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

死 まぎわの言葉

元キャンディーズの「スーちゃん」、田中好子さんが言葉を残したという。
「天国で役立つことが務め」と。

死後に目標をもつかのような言葉で、なにか意味ぶかきもある。

精神分析心理学のフロイドか、日本にフロイド精神分析理論を紹介した古沢平作かは忘れたが、死のまぎわの言葉は「(自分の身体の)自然のなすがまま」だったとか。

もしわたしが病をえて死にゆくのであれば、こういいたいのだが。
「やりたきこと、すべてやり、われ、まんぞくなり。さ、ら、ば」
“I have done all what I really wanted to do. ‘am happy now. B-y-e!”

世で知られた人はなんと言ったのか。

・皆、子供はあまり出来ないようですけど陽気に育てて下さい
あなたをきらいになったから死ぬのでは無いのです
小説を書くのがいやになったからです
みんないやしい欲張りばかり
井伏さんは悪人です
by太宰治〔遺書〕
(人を悪人呼ばわりして死にゆく人も珍しいのでは。そうとう怨みがあったのか)

・なぜみんなそんなに俺を見ているのだ。
by若山牧水

・重く散って 軽く掃かるる 一葉かな
by厳谷小波(童話作家)

・書くんだ、紙、鉛筆……。僕は、死ぬ……。
byハイネ
(有名な詩人はすごいですね)

・僕は負けたのか……。これでもうすべてが終わりだね。
気分が悪い……。吐きそうだからバケツとって。
byグレート金山(ボクサー)

(死の二日前、泣きながら妻に向かって)
・急に何だか悲しくなってきたんだ。
by国木田独歩

(処刑の際、死刑執行人に向けて言ったとされる)
・いいかい、勇気を出して、こわがらずに君の務めを果たしなさい。
私の首は短い、だから撃ちそこねないように注意してくれたまえ。君の名誉にかけて。
byトマス・モア(英・政治家、哲学者)

・Turn up the lights, I don't want to go home in the dark.
(ランプの灯りを大きくしてくれ。暗闇の中を通って家に帰りたくはない。)
by O・ヘンリー

・人の苦しがるのを見るの不愉快でしょう。あなた、あっちへいってなさい。
by小泉八雲(日〔英〕・小説家)

・まだまだ自分の何分の一も知っちゃあいない。……だから生きることにせっかちなのさ。
byジェームス・ディーン〔死の一週間前のセリフ〕

・死を前にしてはニーチェもキルケゴールも役に立たなかった。
by瀬田栄之助(日・作家)

(娘が「少しベッドの上でからだの位置を変えると、呼吸がもっと楽になりますよ」と言うと)
・死にかけている者は、何をやるにしても大変なんだよ。
byフランクリン

・老人になって死でやっと解放され、これで楽になっていくという感じがする。
まったく人間の生涯というものは苦しみの連続だ。
by高村光太郎(日・詩人、彫刻家)

・わが神よ!どうして私をお見捨てになったのですか。
byイエス・キリスト(キリスト教開祖)

・ゲッペルス、俺と妻の死体がよく焼けたかどうか確かめるのを忘れるなよ。
byアドルフ・ヒトラー(独・政治家)
(それはそうだろう。あれだけの悪行をしたのだから、死体もさらしたくないのだろうな。でも、恥じる心はあったのか)

(注射をしにきた医者に向かって)
・もう結構です。そっとしておいてください。
byキュリー夫人(仏・物理学者)

・ああ、苦しい、今、死にたくない。
by夏目漱石

・じゃ、また。いずれあの世で会えるんだから。
byマーク・トゥエイン

・これでおしまい……。
by勝海舟
(徳川期をきりもりしてきた人にしては短い言葉)

・石川や浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ
by石川五右衛門

・露の世は露の世ながらさりながら
by小林一茶

・うらを見せ表を見せて散るもみじ
by良寛

・葬式の類は一切無用のこと。弔問、供物の類はすべて固辞すること。
生者は死者のためにわずらわさるべきにあらず。
by梅原龍三郎〔遺言〕

・われらたのしくここにねむる。離ればなれに生まれ、めぐりあい、
短き時を愛に生きしふたり、悲しく別れたれどここにまた心となりて、とこしえに寄り添いねむる。
by西条八十〔墓碑銘〕

カテゴリ:語学・国際交流・社会貢献

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。