趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

今、真摯に考える事

大震災は、私達に多大な教訓を与えて
くれた。
そこから私達は多くの事を学ばなければ
ならないと思う。

震災前、「非日常」だった事が「日常」になり
つつあると言う事である。
あの大地震、そして多くの人があの津波の
恐ろしさを目の当たりにした。
一瞬で、家が、車が、人々が、そのエリア全体が
飲み込まれ連れ去られて行く様を・・・。
それに加えての原発事故。

あるかもしれないと、ずっと言われ続けていた事が
現実に起こったのである。

毎日、あるのが当たり前で疑う事もなくふんだんに
使っていた電気。
夏は涼しく、冬は暖かい部屋は、別に贅沢ではなく
当たり前のことだった。
勿論、原発のことなど考えもしなかった。

特に、私が浅はかだったのかもしれない。
まさかのことなど考えも及ばず、今思えばつまらない
事を悩み苦しんでいるつもりで日々を暮らしていた。

むしろ、安全に決まっていると思い込んでいた「原発」の
推進派だったのかもしれない。
今のライフスタイルを続けて行くには、「原発」は必要不可欠
なものだと思っていた。

ところが、「安全」ではなかったのである。
私は、地震になった時は、自然に装置が止まるものだと思って
いたのである。
何が何だかわからずに、こういう事態に陥るとは、夢にも
思わずにいた。
まさに「想定外」であった。

始めて自分のこととして真摯に考えなければと思った。

誰もここまでの生活をしてしまって「昔」には戻れない。
戻るというのではなく、新しい生活を創っていかなければと思う。

おかしな話だが「できるけれどやらない。」とか「選択して行う。」
とか、各個人個人が廻りに流される事なく生きていく事だと思う。

エネルギ−問題も考えてみよう。


火力発電、水力発電、、太陽光発電、風力発電
燃料電池・・・。

この歳になって知らない事だらけの自分に気が付いた。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。