趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

親爺の二人旅・・・欧州編17

Berlin 2泊の予定を1泊で切り上げる今日夜行便で早朝到着30日を丸一日使えたので、市内のほぼ目ぼしい所は見ることが出来た。
YHが最高で居心地が良く延泊の誘惑に駆られたが我々の旅は先を急ぐ、そこで5月1日少しゆっくり目の予定でBerlin central stationへ行き8:48発のドレスデン行に乗る今迄の1等車より優雅4人掛けのcompartment roomで貸切状態、off lineながらITも楽しめるしもう最高!
駅で東京寿司の屋号に誘われて買った鮨を頬張りながら旅を楽しむ・・・窓外のドイツの景色は新緑が眩しい少し肌寒いが日差しは強く初夏の匂いが漂っていた。
車中で飲んだビールがまた事の他旨いwifeの厳しい監督も無くだらしない飲兵衛の親爺二人自由を謳歌してます!
Dresdenへは10:50着早速案内所を探し当て市内地図と観光名所を聞きYHを紹介してもらう、期せずしてberlinで泊ったYHと同じ系統のA&Q hostelであった、駅からも近く又宿泊代が10ユーロと信じられないぐらい安かった。
少し手間取ったが宿を探し当て荷物を預かって貰いbikeを借りてまた々旧市街・新市街探訪に乗り出す。
聖十字架教会を手始めにRathaus教会・Kreuz教会・Zwinger宮殿・Residenz城・All market(グランパレスのような広場)・Fraun教会・emper歌劇場・Augus橋等々の旧市街地区の名所を具に見て回る。
Dresdenはかってのザクセン王国の首都芸術と文化の街として栄えたが第二次世界大戦の時壊滅的被害を受ける。
ドイツ統一後修復が進み街は変わりつつあるという。絵のような街の風景雰囲気をbikeで駆け足だが充分その魅力を把握することが出来た。
帰りに例の如く夕食代わりのwineとbeerをしこたま仕入れてシャワーの後懲りない親爺の酒盛りが始まった。

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。