趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

親爺の二人旅・・・欧州編19

今日は5月3日出立から早18日が経過した、我々の旅のパターンもどうやら定型定着したようだ。
夫々の国の首都及び主たるtourist attractionを尋ね駅に着いたらまず市内地図を手に入れYHの手配紹介を受け、bikeを借りる算段をし当該国の通貨を引き出したら、取り急ぎ重い荷物を預けるためYHへ向かう・・その後勇躍bikeに跨り市内を隈なく徘徊疲れ果ててYHへ帰りシャワーを浴びwineとbeerを聞し召し旅の成果を称えあって早々眠りに着く・・・
兎に角慌しく矢鱈忙しい日程消化の為のmachine化していやしないだろうか?このような旅が目的だったの?と自問自答し始めました・・・もっと夫々の邦の人々と触れ合い夫々の政治・経済・文化・歴史・習慣・服装・音楽・教育程度・生活水準や価値観等々に就いて知りたい!言葉の問題があり充分に知ることは難しくとも雰囲気ぐらいは掴める筈と考えるに到りました。
そんな反省めいた考えも今日のチェコの冷たい雨が齎したのかも知れません・・初めての雨中の移動真っ赤なポンチョを目深に被りback packにもしっかりカバーを掛け雨傘をさしながら駅まで歩いた。
7:16発の列車は特に1等車はガラガラしかし電源が部屋に一つしかないので夫々別々の部屋でoff line作業に励む・・・外は横殴りの雨霙交じりの寒々としたチェコの田舎の風景を・・眺めるでなくボーと一人で漂っている。
そうだ今日は市内探索を中止して休養日にしよう!幸いBerlinとPrahaを連泊しないで飛ばしたので2日間の余裕がある、偶にはのんびり異国のYHで同室の旅人と会話を楽しむのも良いではないか・・・我々は余りにも先を急ぎ過ぎた
それもこれも束の間の決断だった目的地チェスキークルムロフに近ずいたら雨が止んできた、天の恵みを振り払うような阿漕な事はしたくない、朝令暮改と言われようが休養日を返上矢張りプラハ城に次ぐ名城と云われるクルムロフ城を征服することに変更した。
駅の案内所で荷物を預かってくれたので助かった、小高い丘の上に城はあるとの事バスで付近の停留所まで行き歩いて登る、大きな痛みはないがそれでも満足に歩けない右足が恨めしい!早足の他の旅人に追い抜かれながらぜいぜいと只管登る。
急勾配の石畳街並みはまさに中世!つずらおりの複雑に入組んだ階段や迷路みたいな道筋を抜けるとそこは別世界!独特の色合い紋様時代を彷彿とさせるが如き円形の斜塔が目に付く憧れのクルムロフ城のgateが現れた。
本当はあの塔に登りたかった市中が一望できるし箱庭の如きこの街の素晴らしき景観を目に焼き付けたかった。適わぬ思いに失望しながらそれでも次に高い展望台から見ましたこれぞ中世の傑作!オレンジ瓦と白い壁散在する教会の塔緑豊かな森と小高い丘小川が街並みを分けて流れる様は神様の造りたもうたお伽の世界!これが見たかったのです。
満足感充実感に泣きたいような気持ち!wifeにも見せてやりたかった、足を直してぜひ再訪したい此処は絶対のお薦めtourist attractionです!
今日は此処で1泊の予定だったが見るものを見たので急遽変更、Vienna行に飛び乗り7:59に到着途中で乗り換えが必要な便であったが我々は眠りこけ、車掌の声で起こされる危うく乗り過ごす所又助けられた。
勿論急遽変更なのでYHの手配が出来ておらず「ヨーロッパ3000円の宿」からあてずっぽで選んだYHへ転がり込みこんだがこれまた二人部屋1850円とluckyが続く・・・但しfreeの触れ込みのITが繋がらず2日間日記を更新できなかった。

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。