趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

カリスマ天国!?

何年くらい前からでしょうか?

TVや雑誌を観ると
毎度のように何らかのカリスマが登場しています


カリスマシェフ
カリスマ美容師(ホントは何って言うんだっけ?)
カリスマスタイリスト
カリスマパティシエ
カリスマモデル
カリスマブロガー
カリスマクリエイター

果ては
カリスマホストに
カリスマ店員だのカリスマ読者モデル?

挙句には
カリスマ主婦って何者?


etc、etc・・・


そもそも
カリスマって、そんなにたくさんいるものなの???


改めて辞書を紐解くと

『カリスマ:ギリシャ語で”神の賜物”の意。
      超自然的、超人間的な力を持つ者。
      天与の非日常的な力、この資質を持つ者』

と、有ります


カリスマ何とかって呼ばれる人って
ホントにそんな凄い人なの?

少し有名になったり、話題になると
すぐにマスコミは”カリスマ何とか”と持ち上げます

この風潮ってどうなの?


確かに
「カリスマシェフの店」って言った方が
お客さんも入るんだろうし
「カリスマモデル」って言った方が
ファッション雑誌も売れるんでしょう

テレビなんかも
そう言う冠を付けた人を出した方が
視聴率も良いのかも知れません

客の側だって
何も無いよりは
「カリスマ」って付いた方が
飛びつきやすいでしょうしね


でも、それだけの為に
「カリスマ」って冠を付けられて
当の本人達はどう思ってるんでしょう?

チヤホヤもされるだろうし
たくさんのメディアに取り上げられる訳だから
やっぱり嬉しいんでしょうかね?


売らんかなで
取り上げるマスコミの力が大きいだけで
本当はどうなんでしょう?

カリスマ何とかって呼ばれる人達って
そんなにすごい人達ばかりなんでしょうか?


人間国宝の人が全て
人格も含めて
何に於いても素晴らしいとは思わないけど

少なくとも
何十年もの間、己の芸を磨き、技を磨き
その道の第一線で活躍をしてきているのだですから
その人をもって”カリスマ”と呼ぶのなら
未だ
私の狭い見識でも理解の範疇ではあるのだけれど
少しマスコミに取り上げられて人気が出ただけで
誰にでもすぐに
”カリスマ”って付けるのはどうなの?


何だか
”カリスマ”のバーゲンセールみたいじゃない?


片やでは

ちょっとイケメンっぽい子が話題になると
”何とか王子”もあっちこっちで大安売り!?


カリスマにせよ、王子にせよ
こんなにたくさんいる国って他にあるんでしょうか?

それとも
こんなにカリスマや王子が多い日本って
本当はとても物凄い国だったのかな?


でも

カリスマや王子が
そんなにたくさん何処にでもいたら
何だか有難みも無い気もするんですけどねぇ〜

いくら話題作りにしても
気前が良いのにも程がある気がするのですが・・・

と、言うか
ネーミングがあまりに安直過ぎやしません?


『じゃ、王子がダメなら
 何とか皇太子とか何とかプリンスとか
 何とか若様とか何とか若大将なら良いってのかい?』

いや、だからぁ〜
そう言う問題じゃ無いんですってば!


週刊誌やワイドショーの見出しに”乗る”のも
いい加減、程々にしません?

カリスマや王子の大安売りに食傷気味なのは
私だけでしょうか?


だってね

実際の話
本物の”カリスマ”や”王子”だったら
そんな呼ばれ方は本意では無いと思うんですよね

例えば
人間国宝の陶芸家の方に
若い子が「カリスマ陶芸家」なんて言ったら
たぶん
塩をまかれて怒られちゃうと思うんですよね

「バカにしてるのか!」ってね


そう思いません?


これって

私の単なるヒガミ根性、妬み根性なのかなぁ〜


それとも

こんな目くじらを立てずに
そう言うのも一介のブームなんだからって
波風を立てないのが大人なんでしょうかね?

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。