趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

人間というのは勝手である    !

「菅さん立派です」とほめてあげたいのですが、浜岡だけが危険なのでしょうか、その他の原発は大丈夫なのですか、今回の福島原発周辺は地震の被害は想定されていませんでした。

しかし、福島原発は事故がおきてしまいました。東日本大地震にあわれた東北を含め被害地に対する対応の遅さは多くの被災者や国民の批判の対称となり、その、対応のまずさを隠蔽するような印象を持つのは、私だけでしようか、皆さんがおっしゃるように唐突感は否めません。

これでは、御身だけが大事なのだという印象を受けてしまいますね。反原発を訴える人たちにとっては歓迎する首相の言動もでは日本の電力をどうするのかという具体的な発言を聞くことは出来ない。単に「節電」だけで乗越えることが出来るのか、いつまで節電し、代替電力を何にするのか、それも浜岡だけで他の原発の停止は考えていないという。なんとも場当たりの国家の元首である。

これまで原発の電力で恩恵にあずかり、だんまりを決め込んできた「反原発」運動家たち(評論家、作家、マスコミ)は、これは運動のテーマになると見るや現場で必死に働く人たちを無視し、集会デモを行うという身勝手さ、単純に「危ない、危ない」と叫び、国民に不安感を煽っている。

かって日本の経済成長の中で公害や環境、交通事故など多数の死者を日本社会の中ではおきてきました。この時期トヨタの社長は交通事故死の現状に心を痛め、蓼科にお寺をつくりその霊を慰めたという。だが、現在でも交通事故死は耐えない、だからといって車を廃止しようと言う運動は起こらない。

しかし、原発で何十年間死者はわずかで、それも放射能を浴びたなどというものではない。だが、交通事故死は多くの人々を悲しませている。比べ方が違うという人もいるだろうが、自分の身勝手さには気づかないものだ。その感たるものが菅首相であり、民主党政権と政治家に他ならない。

日本国家が存続していくには、新たなエネルギーの開発が可能になるまでは必要だと思っている。何よりも人類が新しいものを作り上げるには苦難を屈服していくことが人類にかせられた宿命といってもいいだろう。そんな宿命を屈服していくのが国家を預かる政権の役割でもある。身勝手さを甘んじて謳歌してきた日本人に対する、これは「天罰」といってもいいだろう>

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。