趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

親爺の二人旅・・・欧州編27

我々の旅は5月11日現在26日目 ロンドン・ソールズベリ・ウィンザー・チェルトナム・オックスフオード・ブリュッセル・ブルージュ・アムステルダム・ケルン・コペンハーゲン・ストックホルム・オスロ・ベルリン・ドレスデン・プラハ・チェスキークルムロフ・ウィーン・ブタペスト・コブレンツ・リーデスハイム・フランクフルト・ローゼンブルグ・ミュンヘン・フユッセン ざっと24都市を巡ってきたことに相成る。
観光の手段としてrent bike・tour bus・cruise・walk 等々夫々の街に合った方法で巡ってきた、Fussenで矢張り同じ2ヶ月間欧洲旅行を楽しむ若い女性の二人連と出会ったが、100万円以上のコストで5分の1ぐらいの訪問先に止めhotelと食事中心に優雅に廻っていると言う印象であった。親爺二人の貧乏旅とはかなりコンセプトが違う羨ましき限りでもgood luckを祈らずにはいられない。
今日の目的地はスイスのチューリッヒ!昨日泊ったYHユーゲントヘアベルゲを早朝5:30に出途中で乗り換えたが一路EC列車の旅は続いている。
10:58チューリッヒ着Infで世話して貰ったback packer御用達の安宿久々の又々男女mixの大部屋であった。YHと明らかに雰囲気が違い本格的旅人になったような錯覚に囚われる人種はまさに様々何れも旅の兵・・気後れする如き精悍な面構えの奴らがロビーに屯している。
しかし我々の年齢に到るものはいない!大きな顔で真ん中に陣取り徐にPCを繋ぎ始める、東洋の親爺二人の場にそぐわない行動に皆の注目が集まる。未だ喋らない相棒に気を使い気楽に話しかけたかったが遠慮する。初めての体験back packerの集う雰囲気をじっと密かに観察貴重な一時であった。
チューリッヒの観光は到着後食事その他でもたつきbikeを借りて廻る時間もなくなったので、湖から遊覧船を活用湖上からの観光という選択肢を取った。
此れがなかなか結構快適居ながらにしてチューリッヒの主要な名所を把握することが出来た、しかもeurail global passの恩恵でfreeと極めて効果的で云うことなし・・・
目的を果たした我々は宿屋の近くの居酒屋で鳥もも肉の丸焼き・パスタ・白ソーセージ・豚カツを頬張りながらビールを流し込み今宵もご満悦の態・・・
安宿ながらITの感度良好バンバン繋がったので家族にもskypeで連絡・・日記も更改して早めの就寝の方向偶にはこんな日も必要でしょう・・・

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。