趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

空気の読めない首相のセンスが全くないですね

日本経済が危険水域に達していると
米国の大手格付け会社スタンダードアンドプアーズ(S&P)
主任のエコノミスト、デビットウィス氏は次の如く指摘

日本財政及び政府債務残高の国内総生産(GDP) 比率が、
既に高水準にある上に、東日本大震災や原発事故の影響で
支出が一段と膨らむ可能性があるため、
向こう2−3年で危険なレベルに達する恐れがあるとの
認識を示した上で、今年1月の財政悪化を懸念して
国債の長期格付けを”AA"から”AAマイナス”の
(上から4番目)に引き下げたが、
4月末に長期格付け見通しを
”安定的”から“ネガティブ(弱含み)”に変更し、
日本が財政再建に着手しなければさらなる格下げが
続く可能性があることを示唆した。

更に一方民主党内の右派グループが両院総会開催を求めて
1/3以上の賛成者を募集していたが、
山岡国対委員長によれば、既に達して
この国会開催中に開催する見込みで、
幹部が自発的に開催を待っているという。

更に小沢元幹事長と渡辺民主党最高顧問は
水と油の相容れない関係であったが、ここに来て
誕生日は5月24日と同じ日であることを事実として
誕生会を合同で開催することに決定したらしい。
この歩み寄りが今後の民主党のあり方に
波紋を広げるではないでしょうか。

こんな動きのある中で、
都内の外務省板倉公館で、
東日本大震災での格国の支援に対して
11日に“感謝の集い”が菅首相、松本外相が出席して
開催された席上で菅首相は
2011年度第1次補正予算の財源として
政府開発援助(ODA)を削減したことについて
”多くの人にまずいと言われた。
必ず我が国が元気に再建されたときには、
削った金額の何倍にも増して多くの国の
応援にあててゆきたい”ですって。

何を悠長なことを言っているの。
国民への増税はどう返却してくれるの。
国民からは取りっぱなしのつもりで。
ODAは国家財政が危機に瀕して余裕がなくても続けるの。
当然減額か取りやめるべきでしょう。
火の車の台所事情では続けられないでしょう。
だから国家的観点から物が見えないので首相失格でしょう。

もう先が見えたようですね。
亀井さん 首相弁護は止めて、
貴方が新首相にに名乗りを上げたらいいじゃないの。
民主党にいないだけで、他の党にはゴロゴロ転がっているよ。
震災復興のためにも交代すべし。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。