趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

親爺の二人旅・・・欧州編30

約1ヶ月の欧洲滞在に相成りその間27都市を廻ったことになるが、結論としてスイス・アルプスの様な自然の偉大さ雄大さの前には、人間の創った造形美例えば中世の遺蹟・建物・彫刻・絵画等価値高いものでも到底太刀打ちできないということが心底思い知らされた次第。
それ程世界遺産に指定されたユングフラウ・アレッチ地方の大パノラマは我々の心を魅了して止まなかった!
昨日お世話になったGrindelwaldYHは最高のlocationテラスの前に広がるアイガー北壁と”アルプスの少女ハイジ”の住む世界が手に届く所にあった。
夕飯はなんと表現したら適切か?素朴というよりしっかりした田舎料理!具沢山のオニオンスープが絶妙!豊富な野菜!mainは弩でかいソーセージとポテト特にソースが旨い!パン・デザート・コーヒもあり食べ切れなかった、アルコールは有るの?とお恐る々聞いたら勿論とシェフが片目を瞑ってくれた。
我々はスイスの自然の雄大な懐に抱かれて心置きなく地元のwineを戴き・・・今宵も沈没したのは云うまでもない。
早朝朝御飯をしっかり食べて次なる目的地Zermattへ向かう、途中で2回も乗り変えたがZisp〜Zermattは又もや別料金慌てて2等車へ移ったがそれでも往復51フランもふんだくられた。
旅の達人我等の師匠”阿蘇ボーイ”さんのように英語が解らない振りをして勘弁して貰う手を使うほどには到らず・・まだ我々は修行が足りないと反省しきり。
目的地には着いたがYHが4時にならないと開かない、ロービーには先客の若い女性が二人時間待ちでITを楽しんでいた、仲間に入れてもらい接続方法等ご教授いただく私はすんなりこういう状況でも溶け込めるのだが、相棒は嫌いみたい隅っこでwineを飲み始める。
放置する訳にも行かず相棒と結局wine 1本開けてしまった・・・それでも時間が余ったので私はIT三昧・・相棒は荷物を私に預け街へ散策に出かける。
暫くしてITにも飽きたので外へ出てみるが生憎昨日より天候に恵まれず、目標とするマッターホルンは麓しか見えなかった。
明日はZermatt観光に出かけます・・・
今宵の宿はZermatt YH 3時間待ってようやくcheck in,受付嬢がこれまた素敵!我々の乏しい英語にじっと耳を傾けてくれた、Infの窓口嬢は愛想なかったが矢張り女は愛嬌があるほうがいい・・・電源のプラグがスイスは他国と全く異なり持って来た物では使えない困っていたら、かの受付嬢が予備を貸してくれた。
待っている間日本人らしき一人旅の若者がいたので話しかけたら、韓国人だった英語なら話せるというので練習代わりで少しお話をさせていただいたが、韓国独特の訛もない奇麗な発音で日本語を勉強したいといっていた、流行の韓流スターのような優しい顔立ちのなかなか見所のある青年で好感が持てたgood luck・・・
今日はさしたる収穫も無く終わりそうだが、ハイライトが待っていたそれは美味しいと評判のスイスYHの料理!定番のスープが好みの酸味系で旨し!パンに浸して珍しくお変わりをする程・・勿論豊富な野菜サラダ!mainはポークソテーで米は戴けないがソースが絶妙!それにテラミス・果物付きで別途注文した地ビールが腸に浸み込む朝夕飯付きで54フランはお値打ちではなかろうか?
大満足の食事が終わり外へ出たが此方では10時ぐらいまで明るいその内ポツポツ雨が降ってきた、ずーと晴天続きできたから偶には全てお休みにして身体も休めなさいとの神様の思し召しと理解しYHへ幸いfreeのITが繋がりしっかり楽しめた・・・

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。