趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

国家の形を変える発想が大事   !

過去においても「道州制」が論議され、具体的な提案もなされてきたが、自民党政権下でも国会には提出されることはなかった。基本的に戦後体制からの脱却という視点から物事を考えなくてはならない。現憲法下での体制は60年以上経過し、制度そのものが機能しなくなっていることを考えても宮城県の村井知事が主張するように国家の機能は外交、防衛、教育など野国の基本的なことをやるべきで、地方行政は事実上、州政府に一任するということが望ましい、この危機的状況に対応しえなかった現憲法と国家機能を改革対象とし、その理念に基ずいて復興政策と東北の復興を進めるべきだと考える。

復興会議の五百旗真議長は「首都機能という大きな国家構造のあり方に議論を集中させる状況にない」というが、現在までいろいろな制度改革のための提案、議論は行われてきたはずであり、その提案、議論を整理して復興機能のあり方と国家の機能の一元化を進める議論をすべきで、そんな議論をする状況にないという否定的な復興会議のあり方では日本の未来はないに等しいだろう。

村井知事の日本の将来を考えた提案を支持したい。もっとも、現状の民主党政権では日本の将来の青写真などないに等しいのであるからにして、村井知事の提案など反故にしてしまうであろうが、日本の国家の根幹にかかわる重大な問題点であることだけはたしかである。憲法改正を含めて、道義的で強い日本を復活させるには民主党に代わる救国内閣が今こそ必要なのではないだろうか、そのことによって日本国家は救われるのである。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。