趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

『 百花繚乱 』 於 山種美術館

日本では古来より、四季折々の花を愛で、詩歌に詠い、絵画や工芸の意匠に表現してきました。

本展は、近代日本画を中心に、江戸後期の鈴木基一・酒井抱一から平成の上村松篁まで、奥村土牛、速水御舟、小林古径、福田平八郎、加山又造など近代日本画壇を代表する作家の桜・牡丹・菊・椿・・・百花繚乱の展覧会です。

春夏秋冬それぞれの季節を彩る花々の競演の中に、画家たちのまなざしと、創意工夫を楽しめる企画です。

観ての通りの素晴らしさなので、日記本文では、私の感想は遠慮させていただきます。

コミュニティ 「 美術館・博物館に行こう!! 」 に別の展示品を紹介しています。
http://smcb.jp/_bt01?topic_id=1130410

左 「 四季花鳥図・右隻 ( 部分 ) 」 鈴木基一 江戸後期
中 「 紅梅・白梅 」 速水御舟 1929年・昭和4年
右 「 醍醐 」 奥村土牛 1972年・昭和47年

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。