趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

あぁ!情けない!

数日前、孫のあいが息子のところへ、
「携帯電話を変えたい」と言ってきたらしい。

変える理由を尋ねると、
「通話料金の節約のため」
と説明したらしい。

昨日、息子からその話を聞いて、
不愉快になってきた。

孫の携帯の通話料は、
最初に電話を持たせた9年前から、
家内が払ってきたので、
今も引き続き私が払っている。

その上昨春、「機種を変えたい」
というので、月に2,000円少々の分割で、
新しい機種に変えたばかり、
その支払いもまだ半分以上残っているはず。

息子は、
「今の電話を解約するのか」
と訊ねると
「それはそれで持っている」
言うのだそうだ。

言ってることが支離滅裂、
要するに特定の誰かと料金を気にせず長話がしたいために、
もうひとつ電話が必要とということなのだ。

正直言って、
携帯電話に振舞わされる若者を私は好まない。

自ら認める「孫馬鹿のあまい爺さん」だが、
こればかりは、許すことはできない。

と、
かりかりきているところへ、
珍しく本人が電話してきた。

本人の用件も聞かないで、
大きな声でどなりあげてしまった。

こんなことは、
今まで何度もなかったことなので、
最初当惑していた孫は、泣き出してしまった。

言いたいだけ言って、少し落ち着いてから、
「用件は?」
と訊くと、
「明日の練習試合で、ベンチ入りのメンバーに入れたので、
ママに報告しようと思って」
と言う。

「そうか、それは良かったな。
ママには、言っておく」
とぎこちなく言ってから、
今度はこっちが泣きたくなった。

その場で、すぐにちゃんと謝ることも出来ず、
いったんきって、
今朝早くに電話して謝った。

携帯電話は、今まで通りとした。

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。