趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

100歳生きるための栄養学

新聞記事からご紹介すると

●日本には100歳以上のお年寄りが、4万4449人いる。(2010年)

1989年に3078人だそうだから、20年でおよそ15倍になった。自分である程度体を動かせるレベルの健康寿命も、長いといわれるから、まずはめでたいことだろう。

(09年統計で男女とも、事実上世界一の平均寿命になった)

●ところでお年よりは粗食が一番・・野菜中心で・・・と思ってたらそれは誤解だ。

人間総合科学大学の研究で、こんなに長生きが出来てる理由は、栄養状態が良くなったことが一番ということらしい。

●しかも、100歳以上生きる人は、平均的日本人より、摂取カロリーをタンパク質から取る比率が高いことが、東京都老人総合研究所時代の、同じ先生の研究で有名なのだそうだ。しかも動物性タンパク質も多い。 

●老化を遅らすには筋肉を動かすことが必要で、それには筋肉のもと・タンパク質の摂取が必要だ。それと運動により筋肉をつけること。


●つまりは 栄養状態を適度に保ち、筋肉が動くことが重要で、かつ免疫力を下げないことが必要なわけだ。

具体的には 肉60〜80グラム 魚介類80〜100グラム 豆腐3分の一丁または納豆1食 卵1個 野菜350グラム 海藻類15グラムのようなメニュウが、1日に取りたい栄養だそうだ。

カテゴリ:美健・フィットネス

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。