趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

親爺の二人旅・・・欧州編37

昨日のフレンツェは散々な目に遭う・・・天使の顔を持った本当にに可愛い少女!しかし彼女の目は獲物を狙う鷹のように鋭かった、相棒の財布は山岳用チョッキの左のポケット(マジックジッパー付)に収められていた、本人にきずかれない内にそれをはずして中身の財布を掏るのはかなり高等技術の持ち主、我々はプロの熟練の技の前に為す総べなく完敗したのである。
共同責任だから私も責めを負うと主張したが、相棒は頑として聞かない元来山登りをする奴は頑固一徹であろうから、これ以上の論争は意味がないと諦め他の方策で私の責任を果たしたいと考えた・・・
気を取り直して我々の次なる挑戦地Veneziaに向かう、旅人からの情報で宿が取れないと聞いてたので、事前にIT予約でYH確保済み少し気が楽な状態でVenezia入りが出来る。問題は予約してないこの旅最高のハイライト憧れの地中海クルーズに旨く乗船出来るか?
憧れのVeneziaに着きました!サンタ・ルチア駅”世界中で一番美しい都”が目の前の運河の向こうに見えてます!周囲僅か11kmの小さな島、入組んだ細い路地と小さな運河が島中を走っていて気の向く儘歩き回るだけで充分楽しい!我々は先ずヴァポレット(海上バス)の36時間券を手に入れる、此れで乗り放題の足を確保したことになる。
取敢えずYHへ向かう海上バスで8つ目の停留所、潮風が心地良い日差しはもう真夏のそれと変わらない!目の前に展開するは運河から見た”水の都”Veneziaの全貌!空気が違う!景色が違う!世界が違う!僅か30分の海上移動だったが心から来て良かったユング゙フラウの自然の大パノラマとは又趣が異なるも此れは此れで評価しうる景観だと思った。
check inももどかしく我々は次なる行動に移る、この旅最大のハイライト!エーゲ海クルーズの予約に走る、処がミノアン・ラインのofficeに行き着けない散々探しあぐねてやっと着いた。又々拙い英語で予約を申請する結果は’案ずるより生むが易し’乗船当日2時間前に来て乗船手続きをすれば全て解決との事ホット一安堵・・・
安心したら急激な空腹を覚えた・・・考えたら朝から何も食べてない慌てて運河沿いの瀟洒なレストランのアウトテラスで夫々好みのパスタを戴きビールで喉の渇きを癒す・・・雰囲気最高!締めに紅茶を飲み・・親爺二人昨日の失敗など何処吹く風・・・
その後又海上バスに乗り9番目の停留所で下船、マッジョーレ教会探訪此処の鐘楼からの眺めが素晴らしいとの事で勇躍駆けつけるも工事中で夢は足せず、兎に角真夏の如き太陽に照りつくされて疲れを覚えたので今日はこのくらいにして早々に切り上げシャワーを浴びてビールで乾杯!摘みのYHのスパゲッティが異常に旨く大満足の内にVeneziaの夜は更ける・・・

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。