趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

中日はチームの調子が最悪でスタートを切ったが

全く慌てることなく、吉見、チェンの両エースを欠いて
打線も最低で全く見るべきものはなかった
中日ではあったが、落合監督の落ち着き払った
スタイルは監督として指揮官として如何に
選手を信頼しているか。全く恐れ入りました。

調子がドン底でもきっちりと交流選に入るまでに
5割をと公言していましたが、
このチーム状態でよく戦ってきたものである。
全く落合監督の思い通りで、交流戦では
吉見、チェンに加えてネルソンが一本立ちして、
山井が復帰して万全と思われる投手陣も
期待の中田、朝倉がパッとせずに、
もたついている原因であろう。

交流選に入ってやっと荒木一人の打線が、
ブランコが打ち始め、森野、和田に復活の予感が、
さらに堂上兄が代打で大活躍すれば、
中田、野本に当りが出てきて、
藤井が復活してそろそろ充実して打線が繋がってきた。

この中で忘れていけないのが、
谷繁のベテランがここ一発で光り輝いていることです。
これで貯金シリーズの始めりでしょう。
交流戦では実力のパリーグの選手の
縦横無人の活躍が目立つが、

今年は中日が頑張っている。
ソフトバンクの強さだけが特出しているが、
中日もこれだけチームが充実してくれば
対等に戦えるのではないでしょうか。

セリーグの順位争いも広島、ヤクルトが息切れをして
一休みしている内に中日は大躍進、
2位でヤクルトの差が1ゲームと迫った。

未だ始まったばかりですが、
阪神の弱体ぶりは目を覆うばかりである。
これでは予想通りにBクラスでしょう。
強くなる材料がない。打線がよほど奮起をしないと。
弱体投手陣をカバーできない。

巨人ももたついている。
小笠原の極端な不振で、投手陣も一抹の不安が。
新人沢村に頼らなければならない投手陣では
先が思いやられる。阿部も復帰したが万全ではなく、
驕りかな。

さてオールスターまでは中日、ヤクルト、
巨人の3強が首位争い、
広島。横浜がどれだけ健闘するか。
阪神は今の状態では蚊帳の外でしょう。

予想が的中しそうですね。

偶にはスポーツの話題でコーヒーブレイクを

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。